3ヶ月連続ライブイベントのお知らせ

ご機嫌麗しゅう。

春の風もだんだんと吹き始め、

東京では開花も宣言されましたね。

まだ風は冷たいですが、気分も上向く今日この頃です。

 

3ヶ月の休養を経て、

いよいよ4月、間も無く再始動となります。

時間をもらってボイトレに勤しんだこの冬でしたが、

率直には、確実に楽に声が出るようになったと感じます。

受取手の皆さんにどう届くかは、わかりませんが、

以前より、歌声にゆとりを感じてもらえるんじゃないかと思っています

でも、3ヶ月じゃ足りない!!

というのが本音。

ほんとは1年間くらいお休みして激変した歌声を聴いて欲しいところですが、

そんな悠長なこと言っていたら、存在忘れられちゃいますからね。

でも激変とまではいきませんが、

歌う楽しさの扉が、久しぶりに開きかけている感じがします。

実戦でどれだけ成果を発揮できるのかが課題ですが、

3ヶ月待った甲斐があったと思ってもらいたいので、

自分でも思いたいので、

4月からのステージに是非注目してください。

(変わりました!っていうとハードル上がるからね /(^^;)

さて、そんな春からのスケジュールもだんだんと増えてきていますが、

いよいよ、

復帰後初のライブイベント企画が決まりましたので、お知らせ致します。

今回は久しぶりに3ヶ月連続の月1イベントです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松山優太のプレ金ナイト!!!

3ヶ月の休養期間から復帰を迎え、ライブイベント開催。

3月から施行されたプレミアムフライデーに合わせ、

3ヶ月連続のライブイベント。

毎回新曲披露、ゲストセッション、などなど内容(あくまでやりたいことです・・)盛りだくさん!

ーー   第1回目 2017.5.26 Premium Friday ーー

【会場】池袋LiveHouse mono

東京都豊島区南池袋3丁目13-17 MASHITA5ビル B1F

【予定時間】

OPEN 18:30     START 19:00     END 21:00    ※当初発表の時間から変更しました。

【料金】

前売り¥3500(ドリンク別)
当日券¥4000(ドリンク別)

【出演者】

松山優太

沢水友彦

and more

【予約】メール予約のみ

第一回目の予約開始 4/3(月) 12:00(正午)〜

お一人様4枚まで予約加

●チケット予約(フォーム)

http://live-mono.com/ikebukuro/ticket_form.html

●予約完了メール送信アドレス(このアドレスからメールが返信されます)

ikebukuro_ticket@live-mono.com

(重要)迷惑メール設定をしている方は、事前に

@live-mono.com

のドメイン解除をお願いいたします。

<さらに重要>

ガラケーは予約フォームから予約不可の場合がありますので、

◇公演日   〔5/26〕

◇公演時間   〔18:30〕

◇ご予約アーティスト名  〔松山優太〕

◇ご予約枚数

◇ご予約者お名前(フリガナ)

◇ご連絡可能なメールアドレス

◇お電話番号

を記入して、ikebukuro_ticket@live-mono.com にメールを送ってください。

予約先着順に整理番号、当日は整理番号順の入場となります。

第2回目は 6月30日(金)

第3回目は 7月28日(金)

開催予定。

詳細、ご予約の日程は後日掲載いたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで久しぶりの3ヶ月連続ライブです。

毎回お楽しみな企画を盛り込んでいきたいと思っています。

ぜひ月末金曜日は池袋へお越しください!!

その前にも4月には色々とイベントが決まってきております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●4月2日(日)15:50~20:00
LIGHT IT UP BLUE TOKOROZAWA

~知ってほしい、自閉症のこと、発達障害のこと~
(世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間2017)

会場:西武新宿線航空公園駅 東口 駅前広場
出演時間 17:25~17:50

4月9日(日)

日高市巾着田菜の花まつり

会場:埼玉県日高市巾着田 イベントステージ 埼玉県日高市高麗本郷125-2
出演 13:00~13:30

http://www.kinchakuda.com/calendar/flowers/02na.htm

4月30日(日)

ホテルサンバレー那須 GWイベント出演

詳細未定

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細未定のものは、追ってHPに記載しますのでチェックしてくださいね。

 

ところで、、、、

春にファンクラブを立ち上げると言っていましたが、

実のところまだ考え中で実行にはいたっておりません。

申し訳ありません。

少しずつ進めてはいたのですが、

歌声改善だけで意外といっぱいいっぱいで。

まずは、これでやっていけると自信と確信を持ってから着手したいなと思いました。

というわけで、

とりあえず5月からの「プレ金ナイト」の盛り上がり次第かなと思っています。

これが全回満席にならないようじゃ、立ち上げてもあまり意味がないです。

12月に300人の会場でやりましたが、

シビアな話このキャパが当たり前になるくらいでないと、運営もままなりませんので。

3ヶ月バシッとやって、

新曲CD出して、

広めのホールできっちり結果を出す、

って感じでざっくり今後の流れを考えています。

ちょっとずつですが、着実に進んでいきたいと思います。

 

そんなことも踏まえて、

春からのステージ、

改善したこのSINGフォームで、

バンバンいい球投げていきます!

 

春はすぐそこ!楽しみですね。

それでは。

 

 

1ポイント、ライフスタイル術。

だめ、とか、やだとか、無理とか、ムカつく、とか、

誰かの悪口だとか、

口にすることありますよね。

でも、その表面的な言葉を「脳」の潜在意識は

「何」について言ったのか判断ができないそうです。

だからそれはほとんど自分に向けられ蓄積して、

鬱っぽくなったり、健康に影響してしまったりするそうです。

「言霊」とはよく言ったもので、

俺は、あまりそういう言葉を使わないようにしているのが、

大きな病気もせず健康でいられる要因なのかなと思っています。

でもついつい発してしまいますけどね。

言ってしまったら、いい言葉が詰まった自分の歌を歌ってプラマイ0にしてます(笑)。

新しい季節の始まり、言葉にも気をつけていきましょう!

 

スーパーヒーローからの言葉

願い続ければ願いは叶う。

奇跡の出会いがまた僕に訪れました。

 

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民的スーパーヒーロー

大相撲 第65代横綱 貴乃花

「貴乃花親方」

世代にとっては、一つの時代を作ったスター中のスター。

野球でいうなら大谷選手やイチロー選手。

サッカーでいうなら三浦知良選手・本田選手。

ピンとこない人はネットで「貴乃花」って打ってください。

おそらく「たかの・・」あたりで貴乃花って予測でトップに出てくるくらいすごい人です。

 

3月12日から始まる大相撲大阪場所のため、

現地にいらっしゃる親方と

なんと一席ご一緒させていただける運びとなり、

新幹線のぞみでドヒュンと行ってまいりました。

 

松山優太的 三大偉人

『 貴乃花親方・矢沢永吉さん・(故)いかりや長介さん 』

のお一人です。

見上げるような身丈。

大きな手。

ど緊張の出会いに始まり、

夕方から深夜まで、

まるで夢を見ているようでした。

実際何度か頬をつねりました。

 

どこに行った、何をしたかはプライベートなことなので、

残念ながら詳しくお話できませんが、

(正直緊張しててあまりおぼえていない・・・)

ワインを飲んだこと、

道を歩く親方の圧倒的なオーラははっきり憶えています。

 

2次会の終盤、親方から感嘆の声とともに

「松山さんもう1曲!」

と、5曲ものアンコールをいただいたことは、

ブログをご覧の皆様には、

誇りに思っていただけるかなと思います(笑)。

何を歌ったかは「言えないよ」。

 

 

「景星鳳凰」けいせいほうおう

貴乃花親方の自伝本「生きざま」を差し出し

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サインをお願いしたところ、

親方は、しばらくじっと考えて、

裏表紙にこの言葉を書いてくださいました。

 

その時はそのやりとりだけでいっぱいいっぱいだったので、

意味も尋ねず、すぐにバッグにしまってしまいましたが、

ホテルに帰ってから調べたところ、

その言葉の重さに胸が震えました。

 

「景星鳳凰」

聖人や賢人がこの世に現れるという喜ばしいことの前兆のこと。
「景星」はめでたいことの証の星。
「鳳凰」は聖天子が現れる時に出現するという想像上の鳥のこと。

 

もう涙が・・・

多分、頑張れ的な意味なのかなとざっくり考えていたので(それでも十分嬉しい)、

びっくりしました。

不撓不屈の精神で、この言葉に恥じないアーティストになろうと強く思いました。

(意味を自分で調べさせるところがカッコよすぎます。)

 

正味24時間も大阪にいませんでしたが、

帰ってばったりと寝ました。

きっと緊張していたんだと思います。

そして現役時代の貴乃花関が相撲をとっている夢を見ました。本当に。

 

 

3月12日からの大相撲大阪場所。

横綱 稀勢の里 関が大注目されていますが、

貴乃花部屋の力士の活躍にも是非注目していただければと思います。

 

影響を受けやすい松乃山優太。

あれから、

毎日四股を踏んでいるのは言うまでもありません。

 

 

ご縁を繋いでいただいた、

入間少年相撲クラブの西澤監督に感謝です。

2016年ありがとう!

風邪をひきました。

見事に、今年の歌仕事全てが終わった次の日に。

さぁ年賀状という時に。。。

この虚弱体質だけはなかなか治りませんなー。

本当に健康というのはつくづく当たり前ではなく、

尊いものだと痛感します。

 

 

さて、先日のクリスマスコンサート「Dear my darling」

ご来場、ご声援、ありがとうございました。

残念ながら来られなかった方も応援ありがとうございます。

初のクリスマスコンサート。

歌道納、ソウシンリョクからのオリジナルナンバー。

荒削りながらSAXでのクリスマスナンバー披露。

自分的には、松山優太のソロ4年間が完結したかなという感想です。

振り付けとか、掛け声とか、

だんだんと定着してきて、

コンサートへ参加してくださる、

お客様皆さんの、

意気込みもすごく強くなってきていて、

ありがたいなと感じています。

 

12月23日クリスマスコンサート「Dear my darling」セットリスト

[1 ]     Welcome to my concert

[2 ]     Dear my darling

[3 ]     Silent night

[4 ]     Santa clause is coming to town

[5 ]     負けるな秀彦

[6 ]     曼珠沙華

[7 ]     紅椿

[8 ]     Cherry blossom

[9 ]     Wedding eve

[10 ]     Fine today

[11 ]     RAINBOW

[12 ]     旅立つ日 With 有尾文也 from JULEPS 

[13 ]     バトンタッチ  With 有尾文也 from JULEPS 

[14 ]     オーライ With 有尾文也 from JULEPS

 [15 ]     ジュリアに傷心

[16 ]     フレイムオブマイハート

[17 ]     Dear my darling アコースティックバージョン

アンコール

[18 ]     2つの流れ星 

 

毎度演目は最後の最後まで決まらないものですが、

今回のセトリは執事というコンセプトもあり、

いつも以上に大変に悩みました。

まぁ元々執事として曲を書いていないので当たり前ですが。

 

なやんだぶんいいアイデアが浮かんでくるもんで、

ストーリーはうまく描くことができた気がします。

 

そしてシークレットゲストとして、

なんと。

JULEPS有尾文也が参加してくれました。

まぁ本番までかなりバレバレな流れになっていましたが、

 

photo-live161223-202

 

 

 

 

 

img_2278

 

 

 

 

 

4年ぶりに声を重ねました。

リハで久々に合わせた時、

見かけによらず透き通った歌声は変わらずで、

お互いに忘れているメロディやパートはありましたが、

JULEPS当時、試行錯誤して作り込んだハーモニーは,

部分部分、変わらずにお届けすることができたかなと思います。

 

さらに、お互いにギターとサックスでのコラボ。

これはグループ時代には到底考えられなかったことで、

JULEPSファンの皆さんには長い時間だったと思いますが、

この4年の歳月があったからこそ実現できた、

僕らにとっては尊く嬉しいひとときでした。

 

そして会場でお聞きしましたが、

JULEPSを見たことがない方が、半数を占めていたこと。

その方々に、JULEPSの一部分を紹介することができたことは、

僕にとってとても大きなことでした。

 

有尾には1ヶ月まえに話を持ちかけたのですが、

快く出演してくれたことに感謝したいと思います。

 

本番後のプチ打ち上げでのシャベブロです。

メンバーのみんなが、

久しぶりの2人の空気を尊重してくれているのが、

本当にありがたく、いい仲間に巡り会えたなと

見ていてグッときてしまいます。

 

ところで今回、ステージ演出にも凝りましたが、

付随してパンフレットや、

ステージセットのデザインまで自分で手がけさせていただきました。

真ん中のベルのオーナメントまで手作りですwww

自分の歌う、ステージまでデザインしてこそ

「松山優太」というブランドだと思っています。

こうして盛り上がっていただけると、

頑張ってこだわってよかったなと思います

photo-live161223-275

 

 

 

 

 

 

当日のリハーサルと本番の様子はこちらのサイトでご覧いただくことができます。

会場でお配りしたパンフレットをお持ちの方しか見られないサイトですが、

体調を崩されて来られなかった方や、

遠方の方、

やむなくご都合あわず来られなかった方のため、

認証コードを掲載します。

何卒ご理解ください。

写真販売サイトフォトレコ

認証コード:3786-2568-2349-nsxz

認証コードを入力すると掲載ページに入ることができます。

お気に入りの写真をぜひ見つけてくださいね。

ポストカードや、カレンダーも作れますのでよかったらぜひ。

 

そして、今回もコンサートDVDの収録を行いました。

今回はカメラを増台し、マルチトラックレコーディングという楽器や声の一つ一つを違うトラックに録音する方法をとり、よりグレードの高い作品を作ります。

会場でのたくさんのお申し込みありがとうございました。

作品が出来上がりましたらネットショップの方でも発売しますので、

来られなかった方はぜひそちらでお求めください。

 

 

2016年を振り返ると今年は4つしかコンサートと名のつくものをしませんでした。

たった4つ。

2月の涙歌を含めても5つです。

これはミュージシャンとしてはとても少ない方だと思います。

ファンの皆さんには申し訳なく思います。

ただ、すべてのステージを終えてみて、

間違っていないと、

大事な部分にフォーカスできていたんだと納得できます。

まだまだ荒削りではありますが、

1月、5月、12月と、

作りたい世界をだんだんグレードアップすることができました。

ソロになって、試行錯誤して「SING&SAX」というスタイルを見つけることができました。

この大きな2つの成果は、2016年の松山優太においてすごい収穫だったと思います。

そして、それをブラッシュアップしていくために、

今後必要な要素もとても明確になりました。

去年の今頃「来年何するべきか」

と自問していた状態とは全然違う気持ちです。

 

しかし、

プライベートの面で振り返ると、

体調が安定しない一年でした。

11月に引いた風邪も完治したものの、

実は本番4日前に胃腸炎。

そして、腕に大規模な湿疹発症。

これは無事に治りましたが、大晦日にまた風邪。

健康面での課題が残る形となりました。

頑張るとその分疲れが、形となって出てくる、、、

来年はやりたいことに耐えられる体を作るため

この辺を強くしていけないなと。

来年は健康第一!!

 

 

ーーーーーー

今年も、

とにかくすべてにおいて、

仲間たちに助けられました。

c0dsf8yuqaecyqh

 

 

 

 

 

ci_kgmpugaev417

 

 

 

 

 

 

 

みんな感謝です。

なかなか連絡する機会のない人もいますが、

いつもあの時はありがとうと思っています。

また頼る機会もあると思いますがよろしくです。

 

 

歌のお仕事もたくさんいただきました。

たくさんの方に出会うことができました。

恵まれた人間です。

 

そして何よりファンの皆様、ありがとうございました。

という言葉ではこの気持ちは伝えきれないです。

一つのところに留まっていられない性分なので、

色々心配もかけていると思いますが、

こうしてずっと応援し続けてくださって、

ブログを読んでくださっていることに感謝します。

春まではスキルアップのため、

コンサートやインストアライブは行いませんが、

成長した姿、作品を楽しみにしていてください。

 

2017 ラッキー7!

去年より良い予感がします。

新しい扉をワクワクしながら、

一緒に開いていきたいです。

来年もよろしく!

 

それでは良いお年を!

よしなに!!