ボイトレ卒業の日

初登場!

松山優太のボイストレーナー!

「加藤 大(ダイ)」 先生です。

若いでしょ。驚きました?

FullSizeRender 11

 

 

 

 

 

 

実は今日、松山優太、ボイスレッスン卒業の日だったのです。

 

♪♪♪♪♪泣けるBGM

思えば・・・去年の夏頃、

自分の歌に限界を感じ進退を悩んでいました。

このまま納得の行かない歌しか歌えないなら諦めようかと。

常々ボイストレーニングは受けたいと思っていたのですが、

昔JULEPSの時に全員でボイトレを受けて調子が狂ったことがあって、あまりボイトレというものにいいイメージがなかったのです。

また

理論はそれっぽいこと言っていても、テクニックや志がない先生(昔歌手目指していました系)には習いたくなかったのでそれも、レッスンを踏み切れない要因の一つでした。

そんな時、YOU TUBEで彼の動画を発見し衝撃を受けました。

彼、なんと俺より一回りも年下!

色々な既成概念が壊れました。

一瞬年上というくだらないプライドが邪魔して躊躇しましたが、

俺はこういう「これから」という人に習うべきだと

このWorld Voiceという会社の門を叩きました。

そしてこの1年半、大さんに的確なアドバイス&コーチングを受け、

劇的に歌い方が変わりました。

年下とは思えない、レッスン&カウンセリング力で、

精神面も本当に救われました。

真っ暗な闇の向こうに、光を見いだすことが出来ました。

ミュージカルもこのレッスンがなかったら成し得なかったかもしれません。

正しかった。

♪♪♪♪♪泣けるBGM END—–

 

ちなみに巷のボイトレは

お腹から声出せ、

頭から声出せ、

口を大きく開け

っていうのをよく聞きますよね。

間違ってはいないんだけど、これはすごく大きなイメージ論です。

野球というスポーツでいうなら、

ふっと投げて、ガッと打って、ザッと捕る!みたいな。

 

声帯は筋肉と神経の集合体です。

精密機器のように慎重〜〜〜に

扱わないといけないデリケートな楽器なんだと学びました。

 

 

レッスンを卒業する理由はいくつかありますが、

何より、

歌に対する深刻な悩みが取り払われたこと、

自分で技術を向上させていける自信がついたこと

です。

一年前の俺に言ってあげたい。

心配するなと。

 

実は機を同じくして、大さんも来年からシンガーとして新しい道を進むそうで、俺がこういう心持ちになったのも何かの導きだったのかなと思います。

またまた必然が偶然を装ってきたのかなと。

 

将来人生を振り返った時、

本当に感謝しても仕切れない一生の恩人と言える人です。

これからはひとまず、己の力で己の歌を追求して行きます。

大さん!

本当ーーーーーーーーーーーーーーーーーーに!

ありがとうございました!


FullSizeRender 12