医療法人アニメプロジェクトの楽曲制作

埼玉県狭山市「医療法人尚寿会」様からのご依頼であるプロジェクトの中で楽曲制作を担当させていただきました。

基本理念「信頼と愛とで築く地域医療」に沿ったイメージアニメを制作するというプロジェクトで、6月くらいにお話をいただき、やっと11月に完成となりました。

理事長先生の実体験を元に作られたアニメです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

アニメを観る

楽曲タイトル「大きな愛の生きる場所」

作詞 松山優太

作曲 浅見幸佑

編曲 沢水友彦

 

空に水色が差し あさひが草木を照らす

「おはよう」「お疲れ様」清々しい笑顔

喜びを分かち合い 時に悲しみに耐えて

みんなで守るのは 尊い命


あなたの頑張ってる姿

ちゃんと私は見てるよ

優しく大きな愛は

あの人の胸に生きる

暑い日も雪積もる日も

忙しい毎日の中

尽くしてくれるあなたの

幸せを守りたい


ありがとう 

あなたのおかげで

私は咲いていられる

心が枯れそうな時も

希望を注いでくれる

桜が風に舞う春も

蝉の声響く夏も

秋の雨風の中も

厳しい寒さの冬も


あなたの頑張ってる姿

ちゃんと私は見てるよ

優しく大きな愛は

あの人の胸に生きる

ーーーーーーーーーーーーーー

詩の内容ですが、理事長である寶積先生の思いを元に綴られてあります。アニメから汲み取って感じてもらえたら嬉しいです。さらにこの病院で働く方にはわかると思いますが各病棟の名前も詩の中に散りばめてあります。

実はこの病院、祖母が生前お世話になっていた病院で、、最後を看取らせていただいた場所。アニメの制作の打ち合わせでは全くそんな話はしなかったのですが出来上がって来たストーリーを見て、自分のことと重ねずにはいられませんでした。

本当に必然は偶然を装ってやってくるのだなと・・・。

 

昨日はその尚寿会の年に一度の忘年会で、そこでこのアニメを生歌とともに演奏してまいりました。ルネッサーンスな芸人さんともご一緒できて楽しいひと時でした。

そこでわかった驚愕の事実が、、、理事長の下の名前、なんと!

「ヒデヒコ」さん。

漢字は違いますが、「負けるな秀彦」を作ってから初めてリアル「ヒデヒコ」さんにお会いしました。

必然は偶然を装ってやってくる!!

 

ありがたいことに、松山優太の歌を必要としてくださる企業様もだんだんと増えてきております。

スズキ自販富山様のCMに引き続き、ファンの皆様にとってこれが嬉しいニュースであれば幸せです。

これからも「私の松山優太ってすごいでしょ。いいでしょ。」

と自慢してもらえるように、こういう活動にも力を注いでいきます。

期待しててください!!