2016年ありがとう!

風邪をひきました。

見事に、今年の歌仕事全てが終わった次の日に。

さぁ年賀状という時に。。。

この虚弱体質だけはなかなか治りませんなー。

本当に健康というのはつくづく当たり前ではなく、

尊いものだと痛感します。

 

 

さて、先日のクリスマスコンサート「Dear my darling」

ご来場、ご声援、ありがとうございました。

残念ながら来られなかった方も応援ありがとうございます。

初のクリスマスコンサート。

歌道納、ソウシンリョクからのオリジナルナンバー。

荒削りながらSAXでのクリスマスナンバー披露。

自分的には、松山優太のソロ4年間が完結したかなという感想です。

振り付けとか、掛け声とか、

だんだんと定着してきて、

コンサートへ参加してくださる、

お客様皆さんの、

意気込みもすごく強くなってきていて、

ありがたいなと感じています。

 

12月23日クリスマスコンサート「Dear my darling」セットリスト

[1 ]     Welcome to my concert

[2 ]     Dear my darling

[3 ]     Silent night

[4 ]     Santa clause is coming to town

[5 ]     負けるな秀彦

[6 ]     曼珠沙華

[7 ]     紅椿

[8 ]     Cherry blossom

[9 ]     Wedding eve

[10 ]     Fine today

[11 ]     RAINBOW

[12 ]     旅立つ日 With 有尾文也 from JULEPS 

[13 ]     バトンタッチ  With 有尾文也 from JULEPS 

[14 ]     オーライ With 有尾文也 from JULEPS

 [15 ]     ジュリアに傷心

[16 ]     フレイムオブマイハート

[17 ]     Dear my darling アコースティックバージョン

アンコール

[18 ]     2つの流れ星 

 

毎度演目は最後の最後まで決まらないものですが、

今回のセトリは執事というコンセプトもあり、

いつも以上に大変に悩みました。

まぁ元々執事として曲を書いていないので当たり前ですが。

 

なやんだぶんいいアイデアが浮かんでくるもんで、

ストーリーはうまく描くことができた気がします。

 

そしてシークレットゲストとして、

なんと。

JULEPS有尾文也が参加してくれました。

まぁ本番までかなりバレバレな流れになっていましたが、

 

photo-live161223-202

 

 

 

 

 

img_2278

 

 

 

 

 

4年ぶりに声を重ねました。

リハで久々に合わせた時、

見かけによらず透き通った歌声は変わらずで、

お互いに忘れているメロディやパートはありましたが、

JULEPS当時、試行錯誤して作り込んだハーモニーは,

部分部分、変わらずにお届けすることができたかなと思います。

 

さらに、お互いにギターとサックスでのコラボ。

これはグループ時代には到底考えられなかったことで、

JULEPSファンの皆さんには長い時間だったと思いますが、

この4年の歳月があったからこそ実現できた、

僕らにとっては尊く嬉しいひとときでした。

 

そして会場でお聞きしましたが、

JULEPSを見たことがない方が、半数を占めていたこと。

その方々に、JULEPSの一部分を紹介することができたことは、

僕にとってとても大きなことでした。

 

有尾には1ヶ月まえに話を持ちかけたのですが、

快く出演してくれたことに感謝したいと思います。

 

本番後のプチ打ち上げでのシャベブロです。

メンバーのみんなが、

久しぶりの2人の空気を尊重してくれているのが、

本当にありがたく、いい仲間に巡り会えたなと

見ていてグッときてしまいます。

 

ところで今回、ステージ演出にも凝りましたが、

付随してパンフレットや、

ステージセットのデザインまで自分で手がけさせていただきました。

真ん中のベルのオーナメントまで手作りですwww

自分の歌う、ステージまでデザインしてこそ

「松山優太」というブランドだと思っています。

こうして盛り上がっていただけると、

頑張ってこだわってよかったなと思います

photo-live161223-275

 

 

 

 

 

 

当日のリハーサルと本番の様子はこちらのサイトでご覧いただくことができます。

会場でお配りしたパンフレットをお持ちの方しか見られないサイトですが、

体調を崩されて来られなかった方や、

遠方の方、

やむなくご都合あわず来られなかった方のため、

認証コードを掲載します。

何卒ご理解ください。

写真販売サイトフォトレコ

認証コード:3786-2568-2349-nsxz

認証コードを入力すると掲載ページに入ることができます。

お気に入りの写真をぜひ見つけてくださいね。

ポストカードや、カレンダーも作れますのでよかったらぜひ。

 

そして、今回もコンサートDVDの収録を行いました。

今回はカメラを増台し、マルチトラックレコーディングという楽器や声の一つ一つを違うトラックに録音する方法をとり、よりグレードの高い作品を作ります。

会場でのたくさんのお申し込みありがとうございました。

作品が出来上がりましたらネットショップの方でも発売しますので、

来られなかった方はぜひそちらでお求めください。

 

 

2016年を振り返ると今年は4つしかコンサートと名のつくものをしませんでした。

たった4つ。

2月の涙歌を含めても5つです。

これはミュージシャンとしてはとても少ない方だと思います。

ファンの皆さんには申し訳なく思います。

ただ、すべてのステージを終えてみて、

間違っていないと、

大事な部分にフォーカスできていたんだと納得できます。

まだまだ荒削りではありますが、

1月、5月、12月と、

作りたい世界をだんだんグレードアップすることができました。

ソロになって、試行錯誤して「SING&SAX」というスタイルを見つけることができました。

この大きな2つの成果は、2016年の松山優太においてすごい収穫だったと思います。

そして、それをブラッシュアップしていくために、

今後必要な要素もとても明確になりました。

去年の今頃「来年何するべきか」

と自問していた状態とは全然違う気持ちです。

 

しかし、

プライベートの面で振り返ると、

体調が安定しない一年でした。

11月に引いた風邪も完治したものの、

実は本番4日前に胃腸炎。

そして、腕に大規模な湿疹発症。

これは無事に治りましたが、大晦日にまた風邪。

健康面での課題が残る形となりました。

頑張るとその分疲れが、形となって出てくる、、、

来年はやりたいことに耐えられる体を作るため

この辺を強くしていけないなと。

来年は健康第一!!

 

 

ーーーーーー

今年も、

とにかくすべてにおいて、

仲間たちに助けられました。

c0dsf8yuqaecyqh

 

 

 

 

 

ci_kgmpugaev417

 

 

 

 

 

 

 

みんな感謝です。

なかなか連絡する機会のない人もいますが、

いつもあの時はありがとうと思っています。

また頼る機会もあると思いますがよろしくです。

 

 

歌のお仕事もたくさんいただきました。

たくさんの方に出会うことができました。

恵まれた人間です。

 

そして何よりファンの皆様、ありがとうございました。

という言葉ではこの気持ちは伝えきれないです。

一つのところに留まっていられない性分なので、

色々心配もかけていると思いますが、

こうしてずっと応援し続けてくださって、

ブログを読んでくださっていることに感謝します。

春まではスキルアップのため、

コンサートやインストアライブは行いませんが、

成長した姿、作品を楽しみにしていてください。

 

2017 ラッキー7!

去年より良い予感がします。

新しい扉をワクワクしながら、

一緒に開いていきたいです。

来年もよろしく!

 

それでは良いお年を!

よしなに!!

夏川りみさん

奇跡は昭島モリタウンで起こりました。

インストアライブで訪れた、昭島モリタウン。

僕は、11時と13時に歌わせていただきましたが、

そのあと15時からはなんと、

憧れの歌手「夏川りみ」さんがライブを行われました。

一観客として参加させていただきました。

 

もはや、その歌声は、国宝です。

ずっと鳥肌。

 

会場がそのものすごい優しいオーラで包まれるんです。

「いいんだよ」「大丈夫だよ」と心に語りかけてくれるような歌声。

なにこれ。

空気清浄機を500台くらい起動させたような感じ。

とにかく心が洗われました。

 

それと、歌ってる曲全部知ってるという凄さ。

CDと寸分違わぬクオリティ、

いやそれをはるかに凌駕する密度で歌い上げる歌の力、

こここここれが一流というやつかあああ、、、、、

感服。

 

新曲「あしたの子守唄」名曲誕生です。

癒されます。

日々の生活に疲れている方は特に聴いてほしい。

セットリストの5曲中最後の曲でしたが、一番キーも高く難しい歌だろうなと思いましたが(つい、そういう耳で聴いてしまう職業病です)、そんなこと全く感じさせないんです、当たり前ですが。

少女の手のような純朴さと、

凛とした大人の女性の力強さを兼ね備えた歌声に、

僕も含め、会場には涙を拭う方もたくさんいました。

心の琴線に触れるとはこのことなんだなーーと。

 

ライブ、握手会終了後、

なんとご挨拶をさせていただけることになりました。

 

そしてその瞬間はすぐ訪れました。

真っ白な衣装のまま、たくさんの関係者の方の中たたずむ女性。

その横に案内される松山。

 

「初めまして、松山優太です。JULEPSというグループ時代カバーとして歌わせていただいていた名曲”涙そうそう”をメジャーファーストアルバムの1曲として収録させていただいたり、

東日本大震災の現状に打ちひしがれていた時、NHKの歌番組でりみさんが歌われていた「あすという日が」を聴いてボロボロ号泣したり、

何かと僕の音楽活動の道で支えていただいた存在です。

お会いできて嬉しいです。

ありがとうございます。(白い歯キラリーン!)」

 

って言えなかったーーーー!

俺のバカヤローーーーー!!

il||li_| ̄|il||li

 

もー、ご本人目の前にしたら舞い上がってしまい全くしどろもどろ。

挙句手に持っていた”食べるマスク”を一つだけ渡すという愚行。

一言「ほ、本番直後が風邪とか危ないですから!!」

・・・なにやってんだ俺。

 

あまり憶えていないのですが、僕のスマホにはこの写真が残っていました。

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

つくづく奇跡の2ショット。

よかった、買っておいたCDは運よく持っていたようです。

 

撮影が終わったあと、CDにサインしていただけるということで、

一旦楽屋に戻られたりみさん。

その数分後まさかの事件が、

放心状態の松山。

コンコンと楽屋をノックする音。

ドアが開くと、

まさかの、

りみさんご本人がCDを持って登場。

 

わ!わわわあわわわ。わざわざすみませーーーん!!!

ありがとうございますーーー!!

失態に次ぐ失態。

 

大先輩自ら、、、なんと腰の低い方でしょう。

ずっと一流であり続ける理由がわかります。

 

奇跡の面会はこれにて終了。

思い描いていたものにははるか及ばない、

松山ダメ男でした。

 

でも「ソウシンリョク」をお渡しできました。

聴いていただけると嬉しいのですが・・・・。

 

 

image2-1

 

 

 

 

ベスト盤と、新曲「あしたの子守唄」を買わせていただきました。

帰り道、車でかけて癒されながらドライブ。

お疲れモードのみんなを意に介さず、

テンション上がりっぱなしでライブの感想を話し続ける俺。

 

ファンというのはこういう気持ちなんだと、改めて勉強させられ、

また、シンガーとしてもものすごい刺激を受けました。

 

 

いつか、同じステージに立てる日を夢見てこれからも頑張ります。

歌い続けててよかったーーと心底思った一日でした。

夏川りみさん、関係者の皆様ありがとうございました。

 

奇跡2

Twitterアカウント、

夏川りみオフィシャルさんにフォローされてるーーーーーーー!!!!!!

 

新スケジュール 2016年08月23日 (火)

数少ない音楽友達の中の2人、ヴォーカルグループ「Psalm」のNozomくんとKengoくんと、あとほどよく漂ってきた夏の香りに誘われて、ちょいとジョイントライブすることとなりました。

久しぶりの対バン?ライブです。

今回は、「お茶目なギタリスト」今井ひであき君と初のサシでの編成!しゃべりを止める大きな人がいないからどうなってしまうのかライブが楽しみであり終電が不安です。そんなぼくらに会いたいと思ったら予約をポチっとお願いします。

ここ客席めっちゃ近いんだよねー。

 

【逢いたいと思ったら。】
2016年08月23日 (火)
会場:国分寺 GiveHearts (http://give-hearts.com)
開場: 19:00 / 開演: 19:30
前売券: 3,000円
出演:松山優太・今井ひであき(ギター) / Nozom&Kengo from Psalm
予約:2016年07月24日 12:00〜

※ドリンク代別 / 全自由席
※未就学児童入場不可

<予約>数量限定
※ご予約は16/07/24  12:00~より受付開始。

「松山優太」サイドからのご予約はご予約サイトPeatixで。

お一人様4枚まで。

<入場順>
当日整列順